前エントリでは略した、現行法で「相談」の段階で取り締まれる範囲の罪状。 - 日本国は相当変です。古風で保守的なあっちゃん。日記

前エントリでは略した、現行法で「相談」の段階で取り締まれる範囲の罪状。

さきほどのエントリでは略した補足事項です。

凶悪犯罪や、テロを未遂以前、つまりは「相談」の段階で処罰できる法律がすでに存在しているというはなしを転載しました。
で、具体的にどのような罪状があってどのような罰則が定められているかをこちらにリストアップします。

これ自体長いのでいくつかに分けます。まあ私自身が面倒くさがりやというのもありますが。
共謀罪004


(転載ここから)
足立昌勝著『「テロ等準備罪」にだまされるな!「計画罪」は「共謀罪」そのものだ』(2017.4(三一書房)

共謀罪13
爆発物取締罰則第4条(爆発物使用)/3年以上10年以下の懲役又は禁錮
国家公務員法第110条第1項第17条(国家公務員による争議行為等)/3年以下の懲役又は100万円以下の罰金
自転車競技法第65条(公正を害すべき方法による競走)/2年以下の懲役又は100万円以下の罰金
競馬法第32条の6(公正を害すべき方法による競走)/2年以下の懲役又は100万円以下の罰金
地方公務員法第61条第4号(地方公務員による争議行為等)/3年以下の懲役又は100万円以下の罰金
モーターボート競走法第77条(公正を害すべき方法による競走)/2年以下の懲役又は100万円以下の罰金
自衛隊法第119条第2項(争議行為等)/3年以下の懲役又は禁錮
自衛隊法第120条第2項(治安出動命令を受けた者による争議行為等)/5年以下の懲役又は禁錮
自衛隊法第122条第2項(防衛出動命令を受けた者による争議行為等)/7年以下の懲役又は禁錮
スポーツ振興投票の実施等に関する法律第42条(公正を害すべき方法による試合)/2年以下の懲役又は100万円以下の罰金
特定秘密の保護に関する法律第25条第1項(特定秘密の取扱業務従事者による同秘密の漏えい等)/5年以下の懲役
特定秘密の保護に関する法律第25条第2項(特定秘密を業務により知得した者による同秘密の漏えい)/3年以下の懲役

陰謀罪8
刑法第78条(内乱)/1年以上10年以下の禁錮
刑法第88条(外患誘致又は外患援助)/1年以上10年以下の懲役
刑法第93条(私戦)/3月以上5年以下の禁錮
破壊活動防止法第39条(政治目的のための放火等)/5年以下の懲役又は禁錮
破壊活動防止法第40条(政治目的のための騒乱等)/3年以下の懲役又は禁錮
日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法第7条(合衆国軍隊の機密の探知等)/5年以下の懲役
日米相互防衛援助協定に伴う秘密保護法第5条第1項(特別防衛秘密の探知等)/5年以下の懲役
日米相互防衛援助協定に伴う秘密保護法第5条第2項(特別防衛秘密の漏えい)/3年以下の懲役

準備罪7
刑法第153条(通貨偽造等)/3年以上5年以下の懲役
刑法第163条の4第3項(支払い用カード電磁的記録不正作出等)/3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
外国ニ於テ流通スル貨幣紙幣銀行券証券偽造変造及模造ニ関スル法律第4条(外国においての流通する紙幣等の偽造等)/6月以上5年以下ノ禁錮
出入国管理及び難民認定法第73条の5(在留カードの偽造等)/3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
出入国管理及び難民認定法第74条の3(集団密航者の入国等)/2年以下の懲役又は100万円以下の罰金
日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法第28条(特別永住者証明書の偽造等)/3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
海賊行為の処罰及び海賊行為への対応に関する法律第3条第4項(海賊行為目的で凶器を準備して船舶を航行させる行為)/3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

予備罪37
(転載者註・此れは項目が多いので罪状のみ列挙)
内乱
外患誘致及び外患援助
私戦
現住建造物放火又は非現住建造物等放火
殺人
身の代金目的略取等
強盗
組織的な殺人等
犯罪収益等隠匿
事業の独占を乱す行為等
大麻の栽培又は輸出入
他人の身体に対する課外(引用ママ)
覚せい剤の輸出入又は製造
覚せい剤の原料の輸出入又は製造
集団密航者の収受等
政治目的のための放火等
政治目的のための騒乱等
麻薬の輸出入又は製造等
向精神薬の輸出入又は製造等
輸出禁制品の輸出等
輸入禁制品の輸入等
輸出禁制品の外国貨幣を置く場所の制限規定違反等
偽りその他不正の行為による関税の免税等
許可を受けるべき貨物の無許可輸出入等
けし栽培等
けん銃、小銃、機関銃、又は砲の輸入
一般廃棄物又は産業廃棄物の輸出
航空機強奪等
薬物犯罪収益等隠匿等
化学兵器の使用等
化学兵器の製造
サリン等の発散
サリン等の製造等
一種病原体等の発散等
一種病原体等の輸入
放射線物質の発散等
特定核燃料の輸出入等
(転載ここまで)

これだけの現行法があります。
もし法律に穴がみつかったとして、それは現行法の改正によって対処すべき事柄です。

(余談)下のバナーは、私がお小遣い稼ぎにつかっているポイントサイトです。
登録してみてくださいね。


アンケートモニター登録

ワラウ - 遊べるポイントサイト



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント