ヘッダー画像

プロフィール

あっちゃん。

Author:あっちゃん。
思うところあり、いじめ等学校行きたくなくて悩む子どもたちとその親御さんのための一文を公開しています。

ありがたい訪問者数(2017/06/09~)

今日なら間に合う、明日なら遅い(いじめ等に悩む子どもと親へ)

「男はつらいよ」シリーズが大好きな画家「吉川孝昭」さんのページにあった緊急提言です(この文章へのリンクはリンク欄にあります)。ご本人から快諾を得ましたので転載します。以下転載。
もうずいぶん昔だが、山田洋次監督の「15才.学校Ⅳ」を見た時にちょっとひっかかったことがあった。

それは人間関係に悩み不登校気味の主人公の少年が家出をし、旅を続ける中で、人間として成長していく過程の最終段階として、家に戻った彼はとりあえずまた中学校にちょこっと行き始めるのである。

あの結末を見て傷ついた子供はたくさんいただろうな…、とまず思った。

あれはある意味、学校へ行くこと(戻ること)が良いことのように取ろうと思えばとれるのだ。
少なくても学校へ戻らないよりは戻った方が気持ちが元気になったとか人間的に成長したと,
つい思ってしまう。実は学校という袋小路から開放されたゆえに元気になる子供たちはたくさんいるのだ。
いじめや人間関係の軋轢で不登校になり、悩んでいる子供たちを元気付けるのはあのような学校復帰の映像ではないはずだ。

学校という組織は、本音の部分は、地域作りや国作りのためにまずあるのであって、その子供本人のためというのは実は二次的なものとも言える。

もう以前からいじめを苦に自殺してしまった子供たちや、いじめられ大きな傷を負ってしまった子供たちががかなりの数出てしまっているが、本気でその子を守れるのは友人や担任でなくギリギリでは親だと思う。
親は子供がうすうす学校でいじめられていることを知っていることが多い。子供が帰宅後も毎日家でも悩み、時には泣いて苦しんでいることを知りながら親はつい今日も子供を学校に送り出してしまう。
親自身も仕事が相当忙しいのだろうし、子供に対しても、もっと何事にもくじけないで強くなって欲しいと思うから「気にするな」とか「負けるな」とか「担任の先生に相談しろ」とか適当なことを言って今日も、そして明日も学校に送り出すのだ。


今現在、いじめで真剣に悩んでいる子供が私のこの日記などを読むはずがないとは思うが、もし万が一たまたま読んでいてくれたとしたら私ははっきり言いたい。
明日学校に行くことがもしある意味『地獄』ならば、明日から学校を全く行かなくていい。
後に元気になってもまだ行きたくないならば、ずっと行かなくていい。行かなくても実は人生では死ぬほどには困らない。少なくとも『生き地獄』には絶対にならない。
誰がそのことに反対しても、私はそんな学校に100パーセントいく必要などないと言い切れる。学校は君のためになどない。君は学校に御奉仕する必要は全くない。
いや、頼むから行かないでほしい。

そして親はそんな子供を100パーセント支持してやって欲しい。
どこの世界に『地獄』に毎日子供を送り込む親がいるだろうか。
仏教で言う人間の苦しみの中に『怨憎会苦(おんぞうえく)』というものがある。
ある人と会いたくないのに会い続けねばならない苦しみである。
これは本当に苦しい。ましてや一対多数の怨憎会苦だ。
学校はある子供たちにとっては『楽しいところ』だが。別の子供たちにとっては正に『地獄』なのだ。

お願いだから不登校の子供たちの最終目標を『学校復帰』などということにしないで欲しい。
不登校の子供たちの最終目標などないのだ。目標などというカッコいいことを決めてプレッシャーを与えないでほしい。今精神の限界に来ている子供たちに対してまずしなくてはならないことは、『今日から学校休んでいいよ。もう学校へ全く行かなくていいんだよ』と言える親かもしくはそれに近い親しい大人の存在である。

よく、マスコミなどが、親と担任、学校を交えた話し合いや文章交換によるいじめ事実の客観的な把握やカウンセラー通いや担任を交えた加害者たち(その親も含む)との相互理解、教育委員会への直訴などをしゃべったり書いたりしているが、そんな悠長なことはそのあとのずっとあとで十分である。

そもそも担任は大勢の生徒を抱えているので一人ひとりに対する集中力はきわめて希薄なのである。

まずはなんらかの理由で『地獄』を味わっている子供を親は抱きしめ、自分は子供の『完全な味方』であることをはっきり言ってあげ、「学校へ行かなくていい」ということを自信を持って子供に言ってあげることである。のんびりとカッコいいことを思わないでほしい。閉鎖的な空間での一対大勢の恐怖を自分も子供の身になって想像してほしい。ひょっとして一刻を争うことなのだ。

そして親は自分の仕事を本気で一時中断して、子供を守ってやってほしい。
その会社なんて、たとえ数ヶ月休んだって、本当は誰かが貴方の代わりをしてくれるものだ。
会社での地位などよりも自分の血を分けた子供の方がはるかに大事に決まってるではないか。
子供と一緒に静かな闘いと共に歩む日々を始めてやってほしい。
『学校に行かなくていいんだよ。私と一緒に居よう』と言ってやってほしい。

『今日できること』はこのことしかない。今なら間に合うのだ。明日はもう遅いかもしれない。

猫も人間も最後の最後、子供を守れるのは親

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

ケンミンショーでラムしゃぶ紹介されていた

2017/08/19
category - 個人の感想
コメント - 0
                         
「秘密のケンミンSHOW」という番組を見始めました。
先日は、北海道の「ラムしゃぶ」でした。
あまり旅行ガイドには載っていないグルメだそうで、でも大変人気のあるメニューだそうです。
北海道ではラムしゃぶ用のお肉が普通に安く売られているそうです。
あとラムしゃぶ用のタレもあるようです。
もともとは北京料理だそうで、戦後一度本土に渡って牛や豚をもちいて食べられ、北海道に渡ってからもとの羊が使われるようになったそうです。
で、締めのラーメンがたいへん美味だそうで。
食べたくなった方も多いのではないでしょうか。

ですが、この類のラム肉は北海道以外ではあまりお目にかかれないですよね。
傷むのが早いらしいですし。
そこで、お取り寄せできるラム肉紹介します。
ご参考にしてください。





(1クリックで護憲ブログの底上げにご協力ください)














                
関連記事
                
                                      
            

生存確認。そしてコンビニにエロ本を置くことの是非について私なりの考え

2017/08/17
category - 個人の感想
コメント - 0
                         
皆様ご無沙汰しています。
ツイッターのまとめを停止してはいますが、なんだかんだで毎日顔出してますね私(汗)
でもこちらでいちおう、私は諸事情で忙しいですが生きてますよといっておきます。

で、私、最近考えを変えた事柄があります。
コンビニにエロ本を置くことの是非についてです。

私は嘗てコンビニにエロ本を置くことをむしろ擁護する側に立っていました。
しかし、反対派に転向します。

要点から先に言えば、エロ自体(例えばみやわき心太郎のTHEレイプマンとか堀川悟郎のズタボロシリーズであれ)の存在自体なくせというのは言論弾圧であり表現の自由の侵害であって赦し難いです。
然し公共性の観点からコンビニには相応しくないと思います。

で、どのような思考を経てさきの結論を出したか。
冷静に、コンビニにエロ本を置くのを擁護するがわと反対する側の意見を改めて自分なりに咀嚼し、検討を重ねました。
擁護側の主だった理由を集約すると、「エロが一つの場から排斥されたら其れを切欠にどんどん立場を弱くし規制に追い込まれ言論の自由が脅かされる」というものです。
然しながら、コンビニにエロ本を置くのを反対する側は、多くは、別にエロそれ自体がなくなればよいといっているわけではなく、相応しい場所に置かれ売られるべきであるという意見です。
両者の意見を踏まえて冷静に考えた結果、エロはその性質上TPOを売るにしても読むにしてもわきまえるべきという考えが最適解だと言う結論に達しました。

セクシュアリティが多種多様であり、エロは品性の高いとは言い難いジャンルです。
その証拠に、たとえばどんなにポルノ好きでもよっぽど羞恥心の欠落した人間でない限り電車内で堂々とポルノをまず読みません。
よって、公共性の高い場においては劣情を催させる品性に欠けた興味本位の雑誌はおかれることは好ましくありません。

「エロ本がコンビニで売れなければ死活問題」ととなえ、エロ本をコンビニで売ることを擁護する者がいます。
しかし、私のいきつけのコンビニは、以前は存在したヘテロ男向け過激ヌードエロ本は最近一掃され、一番トイレに近いところにある本は少年漫画と青年漫画になっていました。
恐らくは店長の冷静な判断によるものです。
また、知人からの情報で、都内某所のファミリーマートから以前あったエロ本棚が一掃されていたことが分かりました。
以上の点をもってして、「エロ本がコンビニで売れなければ死活問題」などという考えは嘘とわかります。

海外でもエロ本がコンビニで売られているので日本でもそう売っていいじゃないかという正当化をする向きがあります。
が、海外を基準にしたところで、実際その海外でそのありようつまりエロ本の売り方が許容されているかどうかはまったくの別問題です。

余談ですが、かつて、漫画家ちばてつやさんは、自ら有害図書についての意見を表明する漫画で「エロや暴力だけのものははじめは興味をもたれても、いずれあきられて自然淘汰されていく」と主張していました。
私も其れを信じていました。
しかし大人になり現実を見るにつれ、それはあまりに楽観的な見解だといわざるをえなくなりました。
私がコンビニにエロ本置くのを擁護していた時期も、それをわかってはいました。
しかし、ちょうど名前は挙げませんがある人物と些細なことで喧嘩別れをした時期であり、撤去派に対して反感を覚えていて、意地になっていた面がありました。
ですが、こうした意地はプラスにならないと、つい最近つきものがおちたようにわかり、自分を偽らず自分に素直になろうと決意した結果、いまやはり「エロや暴力だけの作品はちば先生のいうような自然淘汰などされない、悪貨は良貨を駆逐する、発行自体を妨げはしないが棲み分けは必要」と考えます。

(1クリックで護憲ブログの底上げにご協力ください)


ECナビ、ワラウ、これらは、アンケートに答えたり、さまざまなミニゲームをやったり、また、サイト経由でネットショッピングをしたり、新たなサイトに会員登録をしたりすると、ポイントが溜まります。そのポイントをPexというポイントサイトのPexポイントに交換することで、Pexから現金やさまざまなポイント(例えばTポイントやポンタポイント)や電子マネーに交換できる優れものです。)
 ワラウ - 遊べるポイントサイト
アンケートモニター登録

楽天カードは、単に年会費無料であるにとどまらず、楽天ポイントを大量に溜めて、買い物をすればさらに溜まったポイントで別のお買い物が出来る超優れもののカードです。



家事が大変なとき、とっても便利なのがこのセブンミール。
さまざまな美味しいお惣菜、お弁当、日替わりのおかずが、あなたの注文をお待ちしています。




アルバイトEXは、多くのアルバイトサイトとの提携がなされ、沢山のアルバイト先が掲載されてます。アルバイト探しにはまず此れを知らなけりゃといっても言い過ぎではないでしょう。



DMM.com証券は、XMの前に私が使っていた国内FX会社。使い勝手がよいので本当に快適に取引を行うことが出来、お世話になったものです。



                
関連記事
                
                                      
    

ランキング参加しています

ツイートまとめの為のブログですが、クリックしてくださるとうれしいです。

リンク

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
350位
アクセスランキングを見る>>